「イツメン」と呼ばれる友達との関係

【ニンスト】職場や家族、学校や恋愛の人間関係のストレス体験談

ニンストは職場や家族、学校や恋愛の人間関係のストレスに悩んでいる人のリアルな体験談を紹介しています。仕事での上司や部下との関係、ギスギスした嫁姑問題、しつこい友人や恋愛関係など、少しでも悩みが和らぐようなサイトにしたいと思います。

大学の同じ学科の友達との関係

読了までの目安時間:約 6分

髪を掻き上げる女性

主に大学の同じ学科の友達との関係です。誰か一人と一対一の関係ではなく、学科内の同じグループ、いわば「イツメン」と呼ばれる友達との関係です。

  • ●ニックネーム:シータ
  • ●年齢:20
  • ●性別:女性
  • ●住んでいる都道府県:東京都
  • ●人間関係でストレスの原因:学校

ずっと一緒に行動するのが苦痛

私の友達は比較的集団行動を好んでいます。LINEグループ内で「今どこにいる? 一緒にご飯食べよう」などの会話が出てくることもたまにあり、授業終わりに一緒に行動することもしばしばあります。

しかし、私は一匹狼タイプの人間なので、そのような雰囲気になると、絶対に一緒に行きません。ずっと一緒に行動するのが苦痛だからです。

したがって、同じグループ内でも、その人たちとの結ぶ付きは、比較的浅いほうだと思っています。ただ、これから3年も付き合っていくのでやや不安な面もあります。

集団で動くと、とにかく振り回され

上記のこともそうなのですが、集団で動くと、とにかく振り回されます。お互い「ああしたい」「こうしたい」という自己主張が入り交じり、まとめるのが大変です。

また、そもそもグループメンバーと性格が合わないのもストレスの一因であると考えています。比較的グループの友達は温和で静かな子たちなのですが、女の子なのでやはりおしゃべりは好きです。

私自身もそれ自体は嫌いではなく、むしろ好きなのですが、はっきりとものを言うような感じではなく、ただ互いの話したいことを話しているだけで、人の話はあまり聞いていない感じです。

自分の話が終わるとすぐに「ああ、私はねえ…」と相槌やそれに対する意見がなく、すぐに相手の話に持っていかれます。例えば、自分が悩みを持ちかけても、気づいたら相手の悩み相談にすり替わっているのです。

私にはその会話のスタイルがあっていません。私にとって会話とは相手の話も聞きながら意見を交換するもので、そこに求めているのは面白さです。

つまり、自分たちで作り出していくものだと思っています。だから、ただ一方的に話しているだけ、聞いているだけの会話は苦痛で仕方ないのです。

友達とは先ほどの通りあと3年付き合っていかなければなりません。かかわらないのが一番ですが、ディスカッションなどでどうしても話さなければいけません。

この先うまくやっていけるか本当に不安で仕方がありません。ストレスがたまり続けるのも苦痛です。

そのグループに対して私が壁を作っている

イやという感情はもちろんですが、むしろ辛かったという感情もありました。友達に「○○(私)はちょっと遠慮してるから、もっとはっきり言っていいんだよ」と言われました。

私はグループ内の友達に対しては、他の友達よりも遠慮しないではっきり物を言って、気を使っていないつもりだったので、まさかこんなことを言われるとは思っても見ませんでした。

とてもショックでしたが、考えられる理由はありました。1つは、人によって微妙に会話のテンポや声のトーン、話し方を変えているからです。

例えばある子には少し早めに喋っても大丈夫だとか、この子は会話のテンポを遅くして丁寧な言葉遣いをしようなど、人に合わせています。

正直に言うとこの方法は女性限定で、男性の場合はほとんど使いません。もう一つはそのグループに対して私が壁を作っているからだと思います。

先ほどから言っている通り、私は今のグループの友達と性格上合っているとは思っていません。おそらくそれが起因していて、グループ内でいると孤独感に苛まれて居づらいです。

グループ、6人で遊びに行ってもそのメンバー3人だけで勝手に写真撮影会が始まっているのは日常茶飯事です。

それはもちろん私抜きでやっているし、他の子も省かれているので、正直もっと周りに配慮してほしいなあと思っています。

最初から3人で遊べばいいだけの話なのですが。ただ、周りに変わってほしいと思っても、それは絶対できないことなので諦めています。

ほとんど関わらないように、距離を置いて

まず、ほとんど関わらないように、距離を置いています。授業中は仕方ないので最低限の会話だけして、あとは他の友達と喋っているときもあります。

また、たまに実家に帰った時に友達と会ってストレスを吐きあったり、母親と話したりして発散しています。カラオケに行って一人で歌ってすっきりすることもあります。

あとは、たまにカウンセリングを受けています。しかし、それでも、私にとっての一番の対処法は現在これといって見つかっていません。

人間関係のストレスそのものが慢性的なものになっているので、完全にストレスフリーになることはありません。一番いいのは、今いる友達と充実した関係になるような解決法を見つけることだと思っています。

現状維持で行くのが一番いいと思って

いなくなってほしいとか、マイナスの感情は持っていません。それ以上にもそれ以下にもならないと思っているので、現状維持で行くのが一番いいと思っています。

大学生活で一人くらいは大親友が欲しかったなあという気はしていますが、今のメンバーの中でそれは見つからないと思うので、それは諦めかけています。

あと3年で周囲の人たちがどう変わっていくのか、それで関係性が変わっていくのか、とにかくただ待つしかなさそうです。

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー